オドリアカソ

CHINZANO



二年分の絵を、

まとめて。


ほっとなり
ぺたんこ座りで
眺めてみて



微笑んだり、懐かしくなったり、
あの時の気持ち、匂い想い出したり。。



何かの見えないものを描いてても、
吐きそうな手が
一線一線描いてて。

泣いてたり、笑ってたり、苦しんで。

手が受けて、
ペンが受けて、
線を描いてて。。

分かりやすいものよりも
分かり難くも、
分かりやすくて。

宝箱にしまうように
一つ一つマットにはりつけ


傷付いた過去も
明るい未来になったり。


だから、絵って素敵で。





*



愛する人を思うとき、
愛されてる微笑みを、
家族の愛を感じたとき。。

時間をかけて、



いつかまた
優しく紙を
撫でれたらなと


どんなときでも
描く人間で
在りたいなと






e0135955_211481.jpg

[PR]
by odori-akasou | 2009-12-11 02:24