オドリアカソ

2008年 05月 02日 ( 1 )

共に

「線はもはや見えるものを模倣するのではなく、
〈見えるようにする〉のであり、線は物の発生の青写真だ。
かつて、おそらくクレー以前には誰も〈線に夢みさせ〉たりはしなかった。
線の歩みが始まるということは。
線上のものの或る水準、或る様式、線としての或る在り方、線になり、
〈線として進む〉或る仕方を樹立し、設定することである」

『眼と精神』滝浦静雄+木田元訳


「線を散歩に連れて行く」
クレー

「格好悪い線は引きたくない」

いつも言っていた

線と戯れ
線と楽しみ
線と共に

新しい
世界。












e0135955_11365770.jpg

[PR]
by odori-akasou | 2008-05-02 11:31